サイクルショップやってもらうと安心な自転車メンテナンス三選!

フロント&リアディレーラーの調整

自転車にはギアを変速させるためのディレーラーという部品があります。ディレーラーはフロント及びリアのギア比を変える部品です。ギアはチェーンで結ばれており、ディレーラーが動くことにより変速したいギアにチェーンかけることが出来ます。ディレーラーはワイヤーを引いたり緩めたりすることで調整を行いますが、中級者もしくは上級者以外の者が調整することは難しいでしょう。走行中にギアチェンジ出来なければ衝突や転倒の原因にもなります。事故防止のためにも定期的にショップで点検してもらうと良いでしょう。

ブレーキシューやブレーキワイヤーの交換

停止するためにあるブレーキは自転車には絶対欠くことの出来ない部品です。自転車の知識がない人が見落としがちなのはブレーキシューの減りです。ブレーキーシューはブレーキをかけるごとに擦り減っていく部品なので、ブレーキシューが減り過ぎている場合には交換が必要となります。自転車メンテナンスの知識がない人がメンテナンスしようとしてもどこをどんな風に見れば良いのかなど分かる訳もありません。コンスタントにショップに持ち込んで店員さんにやってもらうとかなり安心です。

パンク修理とタイヤ交換

乗ろうとしたらパンクしていた、走っている最中にパンクしたなどいつでも起こり得るのがパンクのトラブルです。ほとんどのロードバイクやマウンテンバイクはクイックレリーズレバーを緩めることでホイールごとワンタッチで外せるので、パンク修理だけでなくタイヤの交換も簡単に出来る自転車が多くなっています。サイクルショップに持ち込めば自分でやるよりさらに短時間でパンクの修理やタイヤの交換が可能ですし、素人には判断しにくいタイヤ交換の時期なども見てもらえるメリットもあります。

名古屋の自転車のショップでは、普段使いに便利な自転車だけでなく、趣味として活用できる自転車も充実しており、魅力的な商品が豊富に揃っています。