車検の重要性と安く済ませる方法を知って賢く行おう

車検の種類と間隔を知ろう。

車を買うと新車・中古車に関わらず、一定期間の間に車検を行わなくてはいけません。一般に車検と呼ばれるのは継続検査です。継続検査の他には新規検査と構造変更検査があります。新規検査は車が出荷するときに行われ、構造変更検査は車の長さや幅、最大積載量が変更されたときに行われるものなので、自家用車で実施する必要はありませんが、大型トラックなどでは行われることがあります。自家用車の場合、最初の車検は購入後3年、その後2年おきに行われます。

車検の費用を抑えるためにできること

車検でかかる費用は法定費用と点検・保守費用の2つに分かれます。法定費用には自賠責保険の代金と税金が含まれます。これらの価格は法律で決まっているため、費用を抑えることはできません。車検費用を究極まで抑えるためには点検・保守費用を抑えるしかありません。この費用を究極まで安く抑える方法は車を使う人が自分でメンテナンスすることです。こうすると材料費だけで済むのでとても安くできます。ディーラーに頼む時は複数社から見積もりをとって一番安いところに頼むことで費用が抑えられます。

車検を自分で行うことの危険性

確かに自分で車をメンテナンスすればコストを抑えられます。しかし、あまりおすすめされる方法ではありません。なぜなら、自分でやっていると「このくらいは大丈夫だろう」という気の緩みが生じる可能性があるからです。きちんと規則通りにやっていても新たな法律の改正に気づかないまま車検を終了し運転を始めてしまう可能性があります。このようなリスクを背負う可能性があるので車検は自分で行わず、ディーラーのもとへ出向いてプロに行ってもらうのが安全で確実です。

車検とは、法律で定められた保安基準の適合検査のことをいいます。これを受けるには自動車の点検・整備、自賠責保険に加入しなければなりません。